薬膳コーディネーター 資格

MENU

薬膳の資格を取ろう!

薬剤師コーディネーター 資格

某CMでも認知度が高まった薬膳の資格

 

薬膳と聞くと難しそうなイメージがあるかもしれませんが、実は取得するのも比較的安易ですし、実用性も高いのでおすすめの資格なんです(^o^)料理に関する知識が増えますので、日々のメニューにも幅が出ますし、飲食関係の仕事をしている方なら新しいレパートリーが増えることでしょう

 

食は生活の基盤となる重要なものです。薬膳の資格でワンランク上の美味しい料理を作って、美容・健康にも満足な生活を送れるようになってみませんか?

 

薬膳コーディネーターになるには?

薬膳の資格といえば、薬膳コーディネーターが有名かと思います

 

この資格を取得するには

 

通信教育ユーキャンの「薬膳コーディネーター講座」に申し込む必要があります。講座に申し込むと10日前後で教材が届きますので、薬膳の勉強をスタートさせることが出来ます。学費は教材到着後の後払いになっており、一括払いか、分割払いを選択することになります。

 

ユーキャンの資格取得講座は

 

個別指導システムを採用しており、きめ細かな指導を行っています。「薬膳コーディネーター講座」の標準学習期間は4か月で、受講開始から12か月間は指導サービスを受けることが出来ます。教材は2冊のテキスト(中医学編・食薬編)と薬膳レシピ集、薬膳レシピDVDなどからなり、添削課題3回と資格試験1回が付いています。

 

中医学編では

 

中国伝統医薬学の基本を学び、薬膳に関わりの深い部分の基礎知識を身に付けます。

 

食薬編では

 

中医学の理論に基づいた食生活や薬膳料理の基礎を学べて、身近にある食材が体に良い効能があることを知ることが出来ます。

 

当講座の教材は、ユーキャンと薬膳について教えることに定評のある本草薬膳学院が共同制作したもので、初心者でもやさしく学べるように作られています。

 

薬膳レシピ集では、中医学編や食薬編のテキストで学んだ理論を基に、貧血・むくみ・冷え症などの目的に応じた様々な献立を学習していきます。

 

目的別に100種類のレシピがカラーで掲載されていて、身近な食材で気軽に薬膳料理を楽しむことができます。

薬膳 資格

また付属の薬膳レシピDVDで調理の仕方やコツを学ぶことが出来ます。初心者の方でもスムーズに調理に取り組むことが出来るように工夫されているのが嬉しいですね。

 

その他にも用語集や舌診ボード、行平鍋が副教材として付いていますから、薬膳の知識が無くても当講座を受講すれば、確実に薬膳の知識が身に付きます!

 

薬膳コーディネーターの資格の認定には

 

添削課題3回をすべて提出し最終課題の資格試験に合格することが必要です。合格基準は60点以上ですが、失敗しても再々受験まで受験が可能です。そして見事60点以上を取ることが出来れば、薬膳コーディネーターになることができるのです。

 

通信講座ですから、自宅で受験ができて気軽に取り組むことができるのも魅力です。講座の受講期間中は、パソコン・携帯電話・スマートフォンを使ったインターネット指導サービス「学びオンラインプラス」の利用も可能なので、しっかりと学べるのもうれしいですね!

 

薬膳に関する資格を一括請求

資格取得の第一歩は、まず資格に関する講座を開設しているスクールの資料請求をすることです。薬膳や食育に関する資格は「薬膳コーディネーター」以外にも数多くありますし、受講できる講義も様々。

 

薬膳コーディネーター 通信講座

その中から自分にあった講座を選んで、資料請求をして比較して…となると、それだけで資格を取る前に燃え尽きた…なんてことにもなりかねません(^^;

そこでおすすめなのが、資格資料を一括で請求できるサービスです。

 

おすすめするのは「BrushUP学び」というサービスで、漢方・薬膳に関するスクール情報を一覧で比較・資料請求することができます。もちろん利用は無料!まずは資料請求をして、資格に対する情報を知ることから始めてみましょう!

 

無料の一括資料請求はコチラ

薬膳 BrushUP学び

 

薬膳コーディネーターの資格取得費用

薬膳の資格はいろいろな種類があるのですが、薬膳コーディネーターとなると通信教育のユーキャンで取得することができます。「薬膳コーディネーター」講座は、標準学習期間を4か月としています。学費は一括払いで44,000円(税込)、分割払いの場合は月々2,980円×15回払いで総額44,700円(税込)になっています。

 

他に薬膳コーディネーターの講座がないため、これが最安値ということになります。費用は教材到着後の後払いで、都合のよい方法を選択できます。

 

受講開始から12か月間はすべての指導サービスを受けることが出来て、資格を取得するには3回の添削課題をすべて提出し、最終課題の資格試験に合格する必要があります。試験はマークシート方式で、60点以上取れば合格です。不合格の場合でも再々試験まで受験が可能ですので、資格取得まで追加費用なしで「薬膳コーディネーター」になれます。

 

他の薬膳資格の費用

通信教育・通信講座のがくぶんでは、「薬膳マイスター養成講座」を実施しています。
標準学習期間は6か月で、一括払いで34,000円(税込)の他、分割払いもあります。

当講座は、薬膳を日本人の味覚や体質に合うようにアレンジした「和漢膳」をマスターできる唯一の講座です。家族の健康維持や美容・ダイエットにすぐに役立ちます。
講座を規定の成績で終了すると「国際薬膳食育士3級(薬膳マイスター)」の資格を取得できて、上級資格に2級、1級、特級師範があります。
料金も比較的安く、短期間で取得できるのも魅力です。

「国際薬膳食育士3級(薬膳マイスター)」の資格は、一般財団法人国際薬膳食育学会が認定する資格になります。
これがあると和漢膳知識のある専門家として認められるため、全国的に広がる食育の復旧活動などで大いに力を発揮します。
さらに上級資格で特級師範まで取得できれば、学会公認講師として認められるので様々な仕事現場で活かすことが出来ます。

日本中医食養学会では、「薬膳アドバイザー」の資格を取得することができます。
当学会主催の「薬膳初級講座」を40時間以上受講後、申請により資格を取得することになります。

「薬膳初級講座」は通学の講座で、およそ8か月間のカリュキュラムが組まれています。学費は190,000円ほど掛かりますが、通学で薬膳を基礎から学びたい方に適しています。
薬膳を組み立てるために必要な中医学の基礎知識から薬膳の組み立て方まで、幅広く学ぶことが出来ます。試験はありませんが、認定書発行料として40,000円+税金がかかります。

全日本薬膳食医情報協会では、「薬膳アドバイザー(初級)・薬膳インストラクター(中級)・国際薬膳調理師(上級)」の資格を取得することが出来ます。
通信講座の受講料は、初級が20,000円、中級が40,000円になっています。
その他にも受験対策講座(スクーリング)があり、初級30,000円、中級・上級60,000円があります。

本格的に薬膳を学びたい方には本科生コースが用意されており、出席率70%以上なら無試験で「薬膳インストラクター(中級)」を取得することができますが、受講料は246,000円と高額です。
資格の認定には試験があり、それぞれ受験料として初級20,000円、中級50,000円、上級147,000円が掛かります。

通信講座・通信教育のキャリアカレッジジャパンでは、「薬膳インストラクター資格取得講座」を実施しています。
この講座は、一般財団法人日本能力開発推進協会が認定している「薬膳インストラクター」を目指すもので、中医学の基礎知識はもちろんのこと、各食材をもとに作る薬膳のもたらす効能に対する深い知識を持ち合わせることを証明する資格になります。
「症状別薬膳レシピ」や「疾患別薬膳レシピ」、「女性・男性・小児薬膳レシピ」など、ユーキャンの薬膳コーディネーターと比べて、実用的なレシピ中心の構成になっているのが特徴的です。
薬膳の歴史や中医学の基礎知識だけでなく、五臓六腑の生理・病理、食材の特徴や効能といった薬膳に関する専門知識と調理方法を学びます。

この講座の標準学習期間は4か月ですが、最大700日まで追加費用なしでサポートしてもらえます。
専任講師による添削指導があり、分からないときは何度でも質問が出来ます。添削課題を送るたびに、オリジナル薬膳レシピが貰えるのがうれしいですね。
旬の野菜やきのこなどの食材を使ったレシピ、美容に効果的なレシピ、ダイエットに効果的なレシピなど、講師オリジナルのレシピになっています。
費用は一括払いで46,000円(税別)。分割払いも可能です。

 

>>>薬膳の資格をまずは資料請求で比較なら

 

薬膳コーディネーター講座の評判は?

講座で勉強した内容はふだんの生活にも役立っています

 

薬膳コーディネーター講座を受講しようと思ったのは、料理がとても好きだったからです。以前から自炊をしていたのですが、使う食材によって料理も決まりがち。本当はもっと料理って奥深いものだと思っていたところに、「薬膳」というものがあるのを知りました。

 

薬膳は中医学の理論に基づいた食養生の方法で、バランスのとれた食事をしながら病気を予防する考え方なので、薬膳コーディネーターの資格をとったら自分が料理するときに生かせると思ったのです。薬膳コーディネーター講座で勉強しはじめた時には、勉強することがこんなにもあるのかとびっくりしました。でも勉強自体は、もともと興味のあるお料理に関係するものなので、とても楽しかったです。

 

「100種類の薬膳レシピ集」もついていて、マンネリ化していたレシピを増やすのに役立ちました。薬膳コーディネーターの資格はとれて本当にうれしいですし、ふだんの生活にも役立てることができて、受講はとても役立ちました。

(20代・女性)

西洋医学の栄養の観点とは別の見方が役に立ちます

 

管理栄養士として働いているのですが、患者さんに食事指導をしてもなかなか効果があらわれないことがあります。カロリーや塩分、糖分など、病気にあわせて指導をするのですが、どうしても悩みにぶつかってしまうことがあるのです。そのようなとき「薬膳」に出会いました。

 

薬膳は東洋医学の考え方なので、ふだんの西洋医学の栄養の観点とは違った見方で食事について考えられるようになれるかもしれないと思い、薬膳コーディネーター講座を受講しました。通信講座なので、わからないところはすぐに手元のテキストで確認することができました。添削にもはげまされました。

 

無事に薬膳コーディネーターに合格できましたが、これを実践にいかしていくのは始めたばかりなので、復習しながら活用していきたいと思います。

(30代・女性)

家族の健康維持に役立ちそうです

 

育ち盛りの子供をもつ母親です。健康維持によさそうな食事をいつも心がけています。「薬膳」という考え方が病気の予防に役立つことを知り、「薬膳コーディネーター講座」を受講しました。子供が寝てからや、昼間に少しだけあいた時間を使って勉強したので、目標の4か月から少しオーバーしましたが、約6ヶ月で最終の資格試験に合格しました。

 

もともと料理は好きだったので楽しみながら勉強できたのがよかったと思います。これからは薬膳を家族の体質にあわせて取り入れていこうと考えています。家族の健康維持に役立ちそうです。

(40代・女性)

このように薬膳講座は

 

楽しみながら勉強できる講座です。薬膳コーディネーターの資格は、自分の仕事にいかすことも、ふだんの食事に取り入れることもできる実用的なものと考えられています。

 

無料の一括資料請求はコチラ

薬膳 BrushUP学び