薬膳コーディネーターとは

MENU

薬膳コーディネーターとはどんな資格?

薬膳コーディネーターとは

 

身近な食材と中医学に用いられる生薬を使って、病気の予防や健康維持・体質改善をすることを目的とした資格です。

 

薬膳コーディネーターの資格を取得すると、日々の食事に薬膳を取り入れたり、飲食店のメニューに薬膳を加えたりして、薬膳の効果的な使い方ができるようになります。また薬膳は美容にも効果があると言われていて、その知識は肌荒れやにきびの改善にも役立ちます。薬膳コーディネーターの資格を取ると、季節や体調・体質に合わせた料理の提案が可能になります。そのため自身や家族の為だけの資格ではなく、仕事の幅を広げる為の資格としても注目されています。

 

日々の生活でストレスを抱えている人は多いと思います。また精神的な疲れ、肌荒れ、冷え症、むくみ、便秘など体の不調に悩む方も多いと思いと思います。こういった様々な悩みを食事によって改善していくのが、中国伝統医薬学(中医学)に基づいた薬膳です。薬膳と聞くと何か難しいイメージを持たれる方も多いかもしれませんが、身近なスーパーで売っている食材で簡単に準備することができるため、お気軽に薬膳料理を楽しむことができるのです。毎日の食事を見直すことによって、病気にならない健康な体を作っていきます。

 

西洋医学では

 

患部を診断して即効性のある投薬治療を行い対処してきました。一方、中医学では、病気にならないように体全体のバランスを考えて対応していきます。すぐに病気を治すのではなく、じっくりと時間を掛けて健やかな体を作り上げていくという考え方なのです。薬膳はその中医学の世界にある「食薬同源」という考え方に基づいて、食事から病気にならない体を作っていきます。

 

様々な体の不調の原因を、薬膳の力で体の内側から改善していくのです。薬膳コーディネーターは、そのスペシャリストを証明する資格として期待されています。

 

薬膳コーディネーターはご家族の健康が心配な方にお勧めの資格です。毎日の食事を見直すきっかけにもなります。季節や体調、体質に合わせたレシピを知ることで、食事から体質改善を行えます。また近年の美容ブームに乗って薬膳を提供するレストランやカフェが増えていますので、健康志向のお客様には大変喜ばれています。ですので調理士・管理栄養士・飲食店経営者にとっても、プラスαの資格として注目されているのです。

 

比較的に短期間で取得可能で、難易度もそんなに高くはありません。話題性のある資格で、なお且つ実用的な資格なのでおすすめです。

 

薬膳コーディネーターの資格でできる仕事内容

最近では薬膳や漢方といったものがブームになり、その資格の1つである薬膳コーディネーターが注目されています。通信教育のユーキャンがAKB48の川栄李奈さんをCMで起用してからは、その注目度はより一層アップしています。

 

薬膳コーディネーターは民間の資格で同じような資格に薬膳アドバイザーや、薬膳インストラクターなどがあります。それぞれの認定団体によって、講座のカリュキュラムは若干変わってきますから、ご自身に合った薬膳の資格を選ぶ必要があります。

 

それでは薬膳コーディネーターの資格を取得すると、どういった仕事内容が出来るようになるのでしょうか?

例えば代表的な物に飲食店があります。世の中は健康志向で、薬膳カレーや薬膳ランチ、薬膳鍋といったものを提供しているお店が増えていますよね。薬膳の資格を取得することにより、こういった体に良いメニューの提供が可能になります。健康はお金を出してでも欲しい物ですし、それがさらに美味しいとなれば売り上げにも大きく貢献してくれるかもしれません。また料理教室やカルチャーセンターなどでの、講師としてのお仕事も考えられます。薬膳の知識を活かして、より健康的なレシピの指導が可能になります。

 

その他にも病院や学校、高齢者施設等などで働く管理栄養士や栄養士さんが、薬膳コーディネーターの資格を取得するケースが増えています。患者さんや高齢者の中には健康への意識が高い方も多いので、薬膳料理の提供はたいへん喜ばれます。資格の取得により、食材の効能と体の仕組みを正確に理解し、体の変化に合わせた料理の提供が可能になります。同じように飲食店勤務の調理師さんや漢方薬局で働く薬剤師さんなども、資格の取得により仕事の幅を広げているようです。

 

このように既存の資格や仕事に薬膳の知識を加えることによって、他の方との差別化を図ることが出来るようになる可能性が広がります。

 

今後も健康志向の増加や超高齢化社会を迎えるにあたって、薬膳コーディネーター資格の需要はますます増えると考えられています。病気の予防や体調の改善など、中国伝統医薬学に基づいた薬膳料理でそれぞれのコンディションに合わせたレシピの提供が可能となり、食から健康な体を作っていきます。直接仕事に関係なくても、話題性のある資格ですので持っていても損はしません。履歴書に書いてあるだけで興味を持ってもらえる場合もあります。自身や家族の体調管理だけでなく、長い目で見れば仕事にも活かせる資格です。習得した知識や技術は幅広いシーンで活用することができるでしょう。

 

薬膳コーディネーターの資格があると就職・求人に有利?

薬膳コーディネーターの資格取得過程で習得した知識や技術は、様々なケースで活用できます。ですが実際に「薬膳コーディネーター」として求人が出たり、就職・転職が有利になるという待遇はあまり無いかもしれません。

 

しかし履歴書に書くことによって、アピール出来ることは間違いありません。薬膳レストランや薬膳カフェなどにこの資格を取ってアルバイトやパートの面接に行けば、かなりの確率で採用になることは考えられます。オーナーさんもきっと喜んでくれるでしょう。

 

これからも健康や美容に対する世間の関心が薄れることはありませんので、仕事に直接関係なくてもその知識は様々な場面で役立ちます。営業マンなら薬膳の知識でお客さんと盛り上がるかもしれませんし、友達との何気ない会話で役立つかもしれません。知識がなければそれまでですが、あれば思わぬ影響やプラス効果があるのは、誰でも納得できるのではないでしょうか。

 

「薬膳コーディネーター」資格の認知度は、確実にアップしています。ある意味、今はこの資格を取る絶好の機会と言えます。資格の取得は、それだけでも活躍の場が広がりキャリアアップにも繋がりますし、なにより自分の自信にもなります。薬膳コーディネーターなら取得も簡単ですし、まずは行動して資格を取ってみると人生が変わる?かもしれません!

 

 

>>薬膳コーディネーター 資格の費用 TOP