薬膳コーディネーター 合格率・難易度教えて

MENU

薬膳コーディネーターの合格率・難易度

「薬膳コーディネーター」の合格率

 

 

取扱事業者であるユーキャンからとくに公表されていません。ですが概ね、100%に近いと思われます。

 

難易度としてユーキャンでは

 

 

5段階で1番簡単な資格としての位置づけですので、かなり取りやすい資格と言えるでしょう。3回の添削課題をすべて提出し、最終課題の資格試験に合格すると「薬膳コーディネーター」として認定されます。マークシート方式の試験で60点以上取ると合格できて、万一不合格でも再々試験まで受験が可能です。

 

試験対策としては

 

メインテキストである「中医学編」と「食薬編」の2冊と「薬膳レシピ集」をしっかり読み込めば十分合格できます。逆に言えば、ここからしか出題しません。だから新たに参考書を買わないといけないとか、問題集を買わないといけないとか、そういう心配は一切ございません。

 

添削課題をしっかりこなして、確実に力を付けましょう!標準学習期間である4か月間、コツコツと真面目に取り組めば、かなりの確率で合格できると言えます。レシピ集を見て実際に料理を作ることになりますので、楽しみながら資格にチャレンジできますよ♪

 

資格試験日については

 

特に決まっていません。「薬膳コーディネーター」の講座は、ご自身の都合のいい時からスタートすることが出来ます。「中医学編」では、薬膳の基礎である中国伝統医薬学(中医学)を学び、「食薬編」では中医学の理論に基づいた食生活や薬膳料理の基礎を学習して、220種類の食薬(食材・中薬)についても学べます。

 

標準学習期間は4か月間ですが、受講開始から12か月間はすべての指導サービスを受けることができます。分からないことがあればいつでも気軽にメール等で質問しちゃいましょう。

 

「薬膳コーディネーター」は

 

まったくの初心者でもチャレンジすることができる資格です。メインのテキストは2冊のみですが、イラストや写真が充実していてきちんと基礎から学ぶことができます。副教材も充実していて、調理のポイントを解説したDVDが付いています。

 

動画での解説は理解を深めるのにとても役立ちますし、はじめて料理にチャレンジする方でもムリなく取り組むことが出来るかと思います。またハンディサイズの薬膳用語集もついていて、わからない単語は簡単に調べることができるので短期間でも十分に薬膳の知識・技術が身に付くでしょう。

 

>>>薬膳の資格をまずは資料請求で比較なら

 

 

薬膳コーディネーターの仕事・就職先は?

薬膳コーディネーターは薬膳の基礎的な知識をもっていることを示す資格です。この資格を取得することによって、どのような仕事につくことができるのでしょうか。

 

薬膳はプラスアルファの知識

薬膳の基礎的な知識をもっている薬膳コーディネーターは、薬膳を勉強したことのない人に比べて、食材の特性に関する知識を豊富にもっています。食事に関しては、
1日の摂取カロリー

 

栄養のバランス

 

塩分、ビタミンなどの取り入れ方

 

 

などに注意するよう促されることが多いのですが、薬膳の考え方をもとにした注意事項は、日本では一般的に知られている事柄ではありません。ですから、薬膳コーディネーターがもっている知識は、食事に関するプラスアルファの知識といえます。就職などを考えるのであれば、プラスアルファの知識が役立つ仕事を考えてみましょう。

 

飲食店では

薬膳コーディネーター 飲食店

飲食店の場合を考えてみましょう。飲食店では、お店の雰囲気はもちろんですが、美味しいお料理があることがお客様に求められるいちばんのポイントです。どの飲食店もさまざまな工夫を凝らしたお料理を提供しています。

 

薬膳は名前があらわしているとおり健康によいお料理ですので、メニューに取り入れることで他店とは異なる特徴を打ち出すことになります。

 

ですから、この「メニューづくり」に薬膳の知識は大いに役立つことでしょう。また飲食店のホールの仕事をする場合でも、お客様にメニューを説明したり、お料理をお出しする際には、プラスアルファの説明ができるとお客様にお得感が加わります。このような説明ができるということは、お客様にまた来てみようと思っていただくことにつながりますので、ホールの仕事にも薬膳の知識は役立ちます。

このように薬膳の知識は飲食店で役立ちますので、薬膳コーディネーターという資格は、飲食店に就職する際には有利な資格といえるでしょう。

 

薬局・ドラッグストアでは

薬局やドラッグストアには、軽い病気にかかったときに、あるいは、病気にならないように、薬などを求めてお客様は来店されます。薬剤師や登録販売者が対応するとき、薬膳の基礎知識を生かして食事についての注意事項を一緒にお話しすることで、お客様との会話がはずみ、よりお客様の要望に応えることにつながります。

 

このように、薬局やドラッグストアでも薬膳の知識は役に立ちますので、薬膳コーディネーターという資格は就職に有利に働きます。

 

料理教室では

薬膳コーディネーター 料理教室

薬膳はお料理ですから、つくってみたい人がいれば、教えることが仕事になります。すでに薬膳を教えているお料理の学校やお料理教室などへの就職に、薬膳コーディネーターの資格は役立つでしょう。

 

就職するのではなく、自分でお料理教室を開く場合にも、特徴ある「薬膳」の知識は強みとなります。お料理教室を開業することも仕事の選択肢に入るかもしれません。

 

一般の人の食事に関する知識よりも、プラスアルファの知識をもっていることを示す「薬膳コーディネーター」の資格は、就職にはもちろん、開業にも役立つ資格です。さまざまな仕事に役立つ「薬膳コーディネーター」の資格取得を、今後の仕事を考える上で選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

>>薬膳コーディネーター 資格の費用 TOP