薬膳コーディネーター 給料・年収等どうなる?

MENU

薬膳コーディネーターの資格で収入が変わる?

「薬膳コーディネーター」の資格を取って、お給料が上がったとか何か手当が付いたとかいう話は、残念ながら今のところ殆どありません。現在では自己啓発の意味合いが強い資格と言えるでしょう。

 

調理師や管理栄養士、飲食店経営者などが仕事の幅を広げる為に取っているケースが多いようで、薬膳料理を提供することによって売り上げがアップしているお店が実際にあります。また主婦の方が家族や友人の為に、資格を取るケースも多いようです。体調や体質に合わせた薬膳レシピを知ることで、毎日の食事から自然に体質改善を目指すことが出来ます。

 

働いていて資格手当が付く場合というのは

例えば建築事務所で1級建築士や2級建築士の資格を保有している場合や、不動産会社で宅建主任者の資格を保有している場合などで、毎月のお給料に一定額の手当てが付くという物です。

 

いずれの場合でもそうした手当てが付くのは、国家資格を保有している場合が多いです。「薬膳コーディネーター」は民間の資格で、比較的新しい資格です。ですから仮に調理師や管理栄養士が「薬膳コーディネーター」の資格を取ったとしても、毎月定額の手当てを期待するのは難しいと思われます。

 

直接的ではなくとも、結果的にお給料がアップするというケースは十分考えられます。

例えば「薬膳コーディネーター」の資格を取得することによって提供できるメニューが増え、その結果お店の売り上げがアップし、給料に反映されてくるなどのケースです。

 

世間の美容・健康への注目度は常に高く、かなり敏感に反応しますので、美容や健康に良いメニューを提供してなお且つおいしいとなれば、お店の評判は確実にアップするでしょう。お店の評判が良くなれば、経営者の機嫌も良くなり、お給料を上げてもらえるかも知れません(笑)

 

「薬膳コーディネーター」の資格の取得は

手段であり目的ではありません。取得したからと言って直ぐにお給料に反映するというものではないです。家族の為に健康的なメニューを作れるようになりたいとか、美容・健康ブームに肖るために薬膳料理を学びたいなど、各自が具体的な目的を持っていると思われます。それぞれの目標達成の手段として、「薬膳コーディネーター」資格の取得があるのです。

 

またこれからの超高齢化社会においては薬膳の知識を活かしたお年寄りの体にやさしい料理の提供で、老化防止や健康維持のサポートすることが期待されています。需要面で将来性のある資格であると言えます。

 

 

 

>>薬膳コーディネーター 資格の費用 TOP